求人情報を見る際には自分の目的に合うかどうか確認しよう

税理士の受験資格

税理士の求人情報は多くあります。数ある求人の中から税理士になろうと条件の良い求人を見つけても、資格が無ければ就職する事はまず難しいといえます。
魅力的な求人を見つけても、税理士になるためにはその資格を得る必要があります。しかし、資格の受験をするのにも、その受験資格が必要になってきます。
その主なものとして、経済学や法律を中心とした履修科目を置く大学の学部を卒業している人、または大学三年以上であり、法律、経済学に関する科目の履修を含めた一定成績以上の単位を履修している人といった細かな定めがあります。多くの求人もこれに順ずるものとなっています。
その詳しい情報は受験予備校や国税庁などに問い合わせることで調べることが出来ます。
大学や短大を卒業している人の場合、経営学部や経済学部、法学部、商学部などの分野を出ているのなら、その卒業証明書を提出することで受験資格を得ることが出来ます。
それ以外の学部の出身であっても、経済学、または法律学に関している科目を一科目以上履修していれば、成績証明書の提出によって受験資格を得ることが出来ます。
合格のしやすさといった点から見ると、著名な大学を出ているかといって税理士試験に合格するわけでもなく、五科目を最後まで諦めずに学び続けた人が最終的に合格をしています。
大学院を卒業する事で、会計科目の二科目、税法科目の三科目のどちらか、または両方を合わせた五科目を免除する事ができます。
これらを免除し、税理士として登録を行う人もいます。税法に関する受験勉強を行ってきていない人でも税理士として仕事をこなしている人は大勢いるのです。
しかし、いくら免除されるからといってもあまりにも学ぶ事を怠ってしまっては後々の業務に悪い影響が出てしまうことは言うまでもありません。注意しましょう。