求人情報を見る際には自分の目的に合うかどうか確認しよう

受験するにあたって

税理士試験には五科目の試験科目があります。二科目は会計科目、三科目が税法科目となっています。
その科目のどれもが難関なものであり、多くの人が頑張って受験勉強をしても各科目の合格率は10パーセント程度となっています。
現在働きながら試験合格を目指している人にとっては、このまま仕事をしながら合格する事ができるのか、といった不安は付き物と言えます。
短期合格を目指すために、受験に専念したほうが良いのでないかと考えてもその合格率は10パーセントとなっているため、実際に受かる補償はあるとは言い難いのが現実です。
そして税理士として登録するには会社や会計事務所での経理といった実務経験が二年以上なければなりません。
しかも、働きながらになると、受験勉強の時間があまり取れず、余計に時間が掛かってしまうといえます。
ですが税理士を目指す多くの人が働きながら勉強をしているのが事実です。
税理士試験は一度に五科目に合格する事ができなくても、一科目ずつ合格を目指すことが出来る試験となっています。
そしてその有効期限は無期限となっているので、働きながら時間をかけて取得を目指すことは出来ます。
働きながら資格の取得を目指し、30歳や40歳で合格した人も多いです。

受験勉強をしていく中で、会計事務所に勤めることも良いと言えます。会計事務所の求人は多く有ります。
税理士としての経験を早い内から積んで行きたいのならば、最初から会計事務所に就職する事はとても良い選択です。自分の条件に合う求人を見つけたらなら、その求人に応募しても良いといえます。
しかし、一般の企業に勤め営業の経験や、会社組織を経験しておくことも大事だといえます。
会計事務所の求人だけに限らず、様々な求人にアンテナを張っておくと良いでしょう。