求人情報を見る際には自分の目的に合うかどうか確認しよう

税理士の受験資格

税理士を目指し、せっかく良い条件の求人を見つけたとしても、その資格を持っていなければ多くの場合就職するのはまず難しいと言えます。税理士の資格を取るためには何が必要なのか理解しましょう。

受験するにあたって

税理士の求人には多くの場合、有資格者のみの募集となっています。税理士試験を受験するにあたって、資格取得のためにほとんどの人が働きながら合格を目指しています。税理士の合格率は10パーセント程です。

税理士の魅力

税理士の魅力は、そのニーズの高さがその一つといえます。世の中に税に関わることのない人はいません。税理士は常に求めらており、その求人の数も多く、男性でも女性でも税理士を目指すことが出来るのです。

税理士へ転職

税理士の資格を取得し、未経験で会計事務所業界へ転職しようとした時、多くの人が期待と不安を抱えています。
その不安の一つとして年齢があります。
会計事務所業界へ転職する場合、いったい幾つまでの年齢なら未経験でも就職できるのか悩んでいる人は多いです。
未経験での会計事務所業界への就職は20歳から40歳までの年齢別によって傾向がある事が分かっています。
社会人経験がなくても就職してからの成長と将来性を考えられ、採用されるのが20歳から25歳の年齢層です。
他の世代に比べて、一科目でも税理士試験に合格していれば未経験だったとしても採用される場合が多いです。
26歳から30歳になると他の職種での社会人経験がある場合がほとんどです。この世代は税理士試験の勉強をしていく内に会計事務所業界への興味を抱くことが多い年齢層だといえます。
営業職の経験者や、経理などの管理部門など経験してきた仕事内容こそ違っていても、二、三科目税理士試験科目に合格しているのであれば、未経験でも採用されることがある年齢層です。
30歳から35歳になってくると自分自身の強みや身に着けている技術が多いため、この年齢層になると一介のスタッフとしてではなく、中堅社員としての実力を期待されています。会計事務所業界が未経験であった場合は基本的に採用されるのは難しくなってくるといえます。
しかし、部分的にでも財務や経理などの税務経験があり、五科目以上は税理士試験科目に合格していれば未経験の場合でも採用される事もありえます。

年齢としても管理職として実務経験と経営力の両方を期待されるのが36歳から40歳の年齢層です。
この年齢層になってくると業務経験が10年を超える人もおり、税理士としての資格を取得していても、会計事務所での実務経験がある程度ない限りは、採用されるのは極めて難しくなってきます。
しかし会計事務所の中には、年齢よりも資格の所持を優先している所もあります。
そのような条件の求人を見つける努力をしていけば可能性はあります。知り合いの紹介などで採用されるケースも中にはあります。